【アルビオン フラルネ ビビットチューナー】肌性格別?新美容液を成分から効果を予想してみる

アルビオン
スポンサーリンク

どうもです。
イプサを使わなくなりました。

前回は化粧水の事を書いてみました。

【アルビオン フラルネ ハイドロボム(うるおい爆弾)】名前負け決定?新化粧水を成分から効果を予想してみる
どうもです。アルビオンが好きになりかけてます。前回は乳液の事を書いてみました。eQb5rJUbs乳液は予想外に効果的だと思われる成分が入っているので、たけのこの汁以外にも注目すべき点が多かったです。そこで今回は化粧水です。カネボウのイドラク...

化粧水は名前のわりに爆弾してないので、いい意味で微妙な思いです。
ただしこちらの「フラルネ」のシリーズは美容液の方が重要度高いじゃね?って勝手に思っているので、今回は美容液の方を掘ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ビビットチューナ―って

名前がなんなん?って思うのは私だけでしょうか。

なにやら肌性格別といういかにも新しそうな発想感を醸し出してますが、生易しい目で見ていきましょう。3種類に分けられていて

ビビットチューナー肌性格肌質肌悩み
YRやる気肌オイリー肌酸化ケア・毛穴系
HKはかなげ肌ドライ肌バリア機能低下・デリケート系
KM気まま肌ノーマル肌時々トラブル・色々

実は商品説明を事前知識なしでもらいに行ったのですが、この「肌がやる気がある」とか「気まま肌はぁ~」とかのキーワードを会話の中に普通にブッコん出来ましたので、心の中では「こいつ(美容部員)は何を言っているんだ?」って気分になりました。
私も人に物を説明するときは商品に当たり前のよう設定されているキーワードを使わないように気を付けようと思いました。

簡単に言うと

YRはやる気=脂が出る代謝のいい人
HKははかなげ=超乾燥する人(敏感肌用ではない)
KMは気まま肌=とりあえずコレ使っとけばいい

そして共通の”スパイシーハーバル”の香りは乳液の方が立っている気がします。

加えてシリーズ共通のトリートメント成分として「たけのこ皮エキス(モウソウチクたけのこ皮エキス)」を採用してます。
・抗酸化作用
・ヒアルロン酸生成促進
・コラーゲン合成促進作用
・毛細血管強化作用

たけのこの汁にそこまでの効果があるかは疑問ですが、何かしら皮にはポルフィリンとかの抗酸化作用のある成分が入っているので、スキンケアを扱うところは重宝しがちです。

肝心の中身

今回は共通成分が多いので、それぞれの特徴的な成分だけをピックアップしてみます。
たぶんこんな効果じゃないかなぁという内容なので、真偽不明です。参考までに見てみてください。


ビビットチューナーYRやる気肌の方
イリス根エキス基底膜ケア・ハリ
オウレン根エキス抗炎症・抗ニキビ
カンゾウ根エキス抗炎症
クインスシードエキス保湿
タチバナ果皮エキス美白、紫外線ダメージ回復
トルメンチラ根エキス収れん・抗酸化・抗菌
モウソウチクたけのこ皮エキス主要成分

YRの方はやはり皮脂に関わりのある成分が多めです。
引き締めて毛穴を目立たなくさせたり、皮脂の酸化を防止すること、それに伴って炎症を抑えてニキビや肌あれにつながらないようにしてくれます。
おそらく基底膜のケアもするのでエイジング目的ではないと思いますが、表皮のコンディションを根本的に整えてくれそうです。
よく医薬部外品でグリチルリチン酸ジカリウムっていうのあるんですが、それと近い効果を持った成分が入っているので意外と優秀。
ちなみに美白とありますが、シミをケアするほどのものとは思わないでください。お守り程度です。


ビビットチューナ―HK気まま肌の方
クリサンテルムインジクムエキス抗酸化、血行促進
ゲッケイジュ葉エキス抗菌
シャクヤク花エキス保湿、美白、ハリ
ハイビスカス花エキス抗炎症、紫外線ダメージ軽減
モウソウチクたけのこ皮エキス主要成分
モモ葉エキス抗炎症
加水分解イネ葉エキス保湿、引き締め

HKはドライスキン用なので、粉が吹くような乾燥肌にも対応してます。
保湿成分をふんだんに組み込んでます。肌は乾燥しすぎるとかゆくなりますよね?そのかゆみ(炎症)を抑えてくれます。あとコノ製品にだけ、紫外線によるダメージを軽減することができます。何を意図しているかは分かりませんが。
ドライ肌用って言うのには納得です。


ビビットチューナーKMはかなげ肌の方
アデノシンターンオーバー改善、血行促進
オクラ果実エキス高保湿
ノイバラ果実エキス保湿、抗菌、抗酸化
モウソウチクたけのこ皮エキス主要成分
レイシエキス保湿

HM肌はどっちつかずというか、感触もしっとりしているのでとりあえずコレでいいんじゃないでしょうか?
なので成分も一番特徴がないです。乾燥肌も何とかするし、皮脂ケアも視野に入れてます。ターンオーバー改善もしますので不満は無いのが不満な美容液。
未然に肌悩みを防ぎたかったらこれでいいです。


酸化を抑えるのは製品の酸化防止かもしれませんが、天然系の保湿成分をふんだんに組み込んでますね。

買いか?


今までのアルビオンって美容液の影が少し薄目な印象を勝手に持ってます。

資生堂のHAKU
コスメデコルテのリポソームアドバンスト
ランコムのジェニフィックアドバンスト
エスティのナイト リペア セラム

っていうのが大体不動の人気です
それぞれが美白特化、保湿特化、ボースター機能という特徴を持ってますが、肌質(肌性格)別に作られているわけでは無く、そのほとんどが化粧水の質感や別の美容液に依存してます。

そして仮に分けられていても界面活性剤の種類を変えて、「テクスチャー」のみを変えているのかな?っていう製品もあります。

そういう様々な選択が出来るようにスキンケアはありますが、フラルネの美容液は美容液単体で肌質にしっかりピンポイントで効果をちゃんと発揮する成分が入ってます。

あとお値段が5500円です!安いです。
コレだけ効果があって5500円はいいですね。

しかも40mlです!普通というは何ですが、だいたい25~30mlですね。なので2か月分はあるそうです。ディスペンサーの使用量でみるとホントか?って気がしますが2か月らしいです。小さい容器ですがたっぷり入ってます。

ついでに言うとこちらだけなぜか瓶容器です。その理由は聞きませんでしたがマットな質感で安っぽさはないですね。

乾燥するとか肌荒れがとかの時って化粧水・乳液を見直しがちですが、美容液でピンポイントな悩みをちゃんとケアできる貴重な製品かもしれません。

特に私は肌悩みがないので買いませんが、ローコストで効果的な製品と言えばコレが候補になると思います。8月18日からどんな販売展開するか分かりませんが、ちょいと楽しみです。

今日は以上です。

ビブダン研究所的 【オススメ美白美容液】
シミ・色むら・肝斑をとにかく何とかしたい方
最後まで見ていただきありがとうございます。 今まで色んな美白製品をみてきましたが、どれも資生堂の後追いで常に先端を行っているのはHAKUという製品です。他にも資生堂から販売されている美白は沢山ありますが、コストパフォーマンスでHAKUを超える物はありません。 現在のHAKUは肌の表面だけでなく「毛細血管」から出るシミの信号も抑えるまでになってます。 他のメーカーは美白製品はチロシナーゼの活性阻害という「予防」レベルで高額な製品を発売してます。 早く・確実に・安全に美白をしたい方はぜひHAKUをためしてみてください。 サイズは様々ありますが45gだと約2か月使えます。 あとは肌を守るケア 同じく資生堂のアネッサのデイセラムから「太陽光をスキンケア」に変える日焼け止めが発売されました。今まではただ防ぐだけでしたが、光そのものを味方にする優れものです。 このアネッサの日焼け止めを使うと肌のヒアルロン酸やコラーゲンも産生していることが確認されたそうです。 この「太陽光をスキンケア」に変える効果はデイセラムだけの処方になります。他の日焼け止めには入ってませんのでご注意ください。 最後にインナーケア。 肌の表面のケアは美容液と日焼け止めでOK。あとは肌の内側からのケアをすることでより実感しやすくなりまs。人によってはインナーケアの方が効果を実感できたという人も多いくらいです。ただし中途半端にビタミンCを摂取するのは時間の無駄です。予防レベルの事しかできないので、資生堂のピュアホワイトはお勧めしません。トラネキサム酸配合のトランシーノが最短です。 第一類医薬品なので治療に当たる効果があります。いままで無駄な時間を過ごしたと思うくらいに効果を実感できますので、ぜひ合わせてお試しください。
アルビオンスキンケアとネタ美容液
スポンサーリンク
バルサンをフォローする
ビブダン研究所