アットコスメで人気な拭き取り化粧水3品を徹底比較してみる

スポンサーリンク

どうもです。
過去に拭き取り化粧水について3つほど取り上げました。

これは2023年上半期のアットコスメランキングなのですが、こちらの3点が上がってました。いつか買いたいなぁと思ってたので最近全部そろえたんですよね。一個一個の詳しい内容は過去のブログを見てもらいたいのですが、本日はそれぞれ横並びにどんなもんかを比較してみます。
どれもキャラクターがハッキリしているので選ぶ基準になるかな?と思いますので参考にしてみてください。

【リセットクリアN】ベネフィークの売れてる拭き取り化粧液が地味にポンコツ
どうでもす。スキンケアはいつも「普通」のを使ってますが、ふき取り化粧水を愛用してます。そして愛用しているのはコチラ↓↓↓はい!オイデルミンですね。肌に悪そうな色をしてますが、ただ肌をふき取る分にはコレで十分かな?というかコレが無いと顔が洗え...
【カネボウ ラディアントスキンリファイナー】ちゅるんではないけどゴッソリ肌の余計なもんは取り去るドスコイ系拭き取り化粧水
どうもです。過去に洗顔の大切さ?的な事を説いたことがあるワタクシバルサンですが私は洗顔フォームって使いません!お風呂では使う事ありますけどね。気分です。なんで使わないか?というと必要性を感じないからなんですね。こいつを使っているから資生堂 ...
【コスメデコルテ スノークラリファイア】とろみに肌もとろけだす 拭き取り化粧水のデザイン番長
どうもです。前回カネボウのラディアントスキンリファイナーを紹介しました。こちらでは拭き取り化粧水の必要性とかも書いているのよかったら見てってください。そんで今回は早速ですがこちらの製品のご紹介です。コスメデコルテ スノークラリファイア雪のよ...
スポンサーリンク

それぞれの基本情報を比較していく

カネボウコスメデコルテベネフィーク
ラディアントスキンリファイナースノークラリフィアリセットクリアN
200ml 4950円
詰め替え170ml 3960円
150ml 4400円
詰め替え無し
200ml 4400円
詰め替え180ml 3300円
「つるるんふき取り化粧水」。「うるおいを与え整える&取り去る」というダブルケア。誰もが憧れる、降りたての雪のような
みずみずしい透明感を。
浄化して、恵みのうるおいをめぐらせて、くもりのない芯からクリアな美しさへ。

各社同じくらいの価格帯です。カネボウは一番高いですが、詰め替えがあるのでランニングコストはそこまで変わらず。コスデコは詰め替えが無いので実はコスパは悪いかもしれません。しかも量は少な目。ベネフィークは一番お財布に優しいですね。

商品説明もありますが、どれも共通して皮脂や老廃物などの汚れを取り去る&独自成分で潤いを与えるです。

ではそれらを叶える中身はどんな感じか?

中味を比較してみる。

成分の効果はあとにして、製品としてどんなもんかを見てみます。

緑色は保湿に関わる成分。
橙色は界面活性剤やアルコールなどの肌の汚れを除去、又は成分を混ぜる事に関わる成分。
黄色は独自成分。
青色その他の構成成分。

そしてこれらの製品は医薬部外品ではないので、成分の配合量が多い順に並んでます。
なので薄っすら薄目で見てみると
・緑色はカネボウが多い。コスデコと資生堂は同じくらい。
大きな差を感じる部分ではないと思いますが、一般的にスキンケアとして保湿する成分はカネボウが多いです。

・橙色はカネボウ⇒コスデコ⇒ベネフィークの順に量が少なくなっている
肌の余分なものを除去する効果はカネボウが一番高いかもしれません。ではベネフィークが除去効果が低いか?という事に単純につながるわけでは無いかもしれませんが、肌の汚れの種類に色々対応しているのはカネボウかもしれません。コスデコはまさに中間。

・黄色の独自成分はコスデコとベネフィークが多い模様。カネボウは少な目。
先述のとおり、成分が多い順に配合してます。なのでカネボウは植物系の成分の量はかなり少ないと言えます。数%~0.数%の差でしょうが、コスデコとベネフィークは保湿成分の下に位置しているので、通常の化粧水などのアイテムと同じような構成になっているという事です。

・青色は見ての通り
カネボウは特にいう事は無いですが、コスデコとベネフィークはとろみがあるのでそれの為の物がはいっていたり、コスデコは清涼感があるのでメントールが入ってます。使用感が違う分だけ入っているもんは入ってますね。

はい!どうでしょう。
つまりまとめると
肌の余計な物を除去する効果はカネボウが高いかも?
植物的な恩恵はコスデコとベネフィークの方が感じやすい?

ってことろでしょうか。暇があったら良く眺めてみて下さい。
意外と共通成分が多かったり、カネボウとかは植物系成分は香料よりも少ないな。とか。コスデコとベネフィークはカルボマーっていうトロミ成分が共通してるな。とか。ベネフィークは界面活性剤が少な目だな。とか
色々発見があると思います。

独自成分それぞれ

成分と紐づけると画像が大きくなっちゃうので、効果だけ載せておきます。

カネボウコスメデコルテベネフィーク
ラディアントスキンリファイナースノークラリフィアリセットクリアN
ターンオーバー促進保湿表皮賦活・コラーゲン産生、抗菌、血行促進
抗炎症、肌荒れ改善抗酸化(ハリ)※Nrf2 ビンキュリン保護保湿・チロシナーゼ活性阻害・コラーゲン分解抑制
保湿(角層水分量増加)高保水(ケラチン)セラミド合成、抗炎症
アクアポリン産生(ウォータークレス)真皮糖化抑制(黄くすみ)血流改善
抗光老化※トリプターゼ活性抑制 凹凸平滑(毛穴)、ターンオーバー改善※フムスエキス?フルボ酸毛細血管機能回復
Ⅳ型コラーゲン分解抑制※基底膜
アクアポリン3産生促進

どれがどういいかは言いにくいですが、カネボウはお水の通り道でお馴染みのアクアポリンの開発をして潤いを肌にためてくれる。
コスデコは毛穴のケア+真皮のくすみも払って透明感と高めてくれる。
ベネフィークは血流の改善と毛細血管の修復をすることで生き生きした肌印象に。

共通して皮脂や老廃物などの汚れを取り去る&独自成分で潤いを与える効果がありながらも、そんな特徴がるあるかな?と

結局どれがいいか?

私はコスデコの方が好きですね。
テクスチャーですが、カネボウはシャバシャバのシャビシャビです。悪くはないですが摩擦を感じやすく3品で比較すると魅力にかけます。ベネフィークは感触はいいですが、塗布後の肌感が突っ張りやすい気がします。コスデコがどれか突出しているか?というとそういうわけではなくて、一番バランスがいいんですね。

ただ、拭き取りアイテムである限り、肌の余計な物を除去するのが目的なので
そこを詰めるとカネボウのラディアントスキンリファイナーが一番いいといいと言えます。ふき取り能力は一番高いです。反対にベネフィークはそこらへんの機能は低め。
毛穴などの皮脂系の悩みの改善はコスデコのスノークラリファイアが一番いいですね。ではベネフィークは?っていうとエイジングケア効果が高めになってます。いわゆるハリ、弾力の部分ですね。なので毛穴一つとってもコスデコは皮脂系ですが、ベネフィークはエイジング毛穴に対応しているかなと。つまり肌のゆるみやたるみで目立つ毛穴をケアしてくれるので年齢を重ねた肌にはいいかな?

どうでしょうね?以上です。

ビブダン研究所的 【オススメ美白美容液】
シミ・色むら・肝斑をとにかく何とかしたい方
最後まで見ていただきありがとうございます。 今まで色んな美白製品をみてきましたが、どれも資生堂の後追いで常に先端を行っているのはHAKUという製品です。他にも資生堂から販売されている美白は沢山ありますが、コストパフォーマンスでHAKUを超える物はありません。 現在のHAKUは肌の表面だけでなく「毛細血管」から出るシミの信号も抑えるまでになってます。 他のメーカーは美白製品はチロシナーゼの活性阻害という「予防」レベルで高額な製品を発売してます。 早く・確実に・安全に美白をしたい方はぜひHAKUをためしてみてください。 サイズは様々ありますが45gだと約2か月使えます。 あとは肌を守るケア 同じく資生堂のアネッサのデイセラムから「太陽光をスキンケア」に変える日焼け止めが発売されました。今まではただ防ぐだけでしたが、光そのものを味方にする優れものです。 このアネッサの日焼け止めを使うと肌のヒアルロン酸やコラーゲンも産生していることが確認されたそうです。 この「太陽光をスキンケア」に変える効果はデイセラムだけの処方になります。他の日焼け止めには入ってませんのでご注意ください。 最後にインナーケア。 肌の表面のケアは美容液と日焼け止めでOK。あとは肌の内側からのケアをすることでより実感しやすくなりまs。人によってはインナーケアの方が効果を実感できたという人も多いくらいです。ただし中途半端にビタミンCを摂取するのは時間の無駄です。予防レベルの事しかできないので、資生堂のピュアホワイトはお勧めしません。トラネキサム酸配合のトランシーノが最短です。 第一類医薬品なので治療に当たる効果があります。いままで無駄な時間を過ごしたと思うくらいに効果を実感できますので、ぜひ合わせてお試しください。
スキンケアとネタ未分類
スポンサーリンク
バルサンをフォローする
ビブダン研究所