SHISEIDO サンケアからアーバン トリプル ビューティ サンケア エマルジョンがついに発売。アネッサとは何がちうのか?

スキンケアとネタ
スポンサーリンク

どうもこんにちわバルサンです。

紫外線がきつくなると紫外線カットを付けたかどうか、家の鍵をかけたかレベルの心配をします。
女子の場合はファンデでわかりますよね。男子は鍵をかけたかレベルの話に話になります。

そこで少し前にアネッサのデイセラムというのを取り上げたのですが

紫外線でスキンケア?資生堂から発売されるアネッサ デイセラムが他社を置き去りに
昨日、資生堂のアネッサから新製品とそのモデルのお披露目みたいな事やってました。アネッサの日焼け止めです。動画でもやってますのでみてみてくださいアネッサって?資生堂からでている日焼け止...

実はデパコスの「サンケア」シリーズからも同じく「紫外線をスキンケア」に変える成分配合の日焼け止めが5月1日に発売されました。

最初に言っておくと、私はアネッサ使ってますがアリィ派です。感じ方は人それぞれ理論はおいておいて、アネッサって落ちるんです。あと使用感もお世辞にもいいとは言えません。比べればわかりますが、アリィは被膜感がなくジェルタイプにいたってはホントにジェルです。
そんで資生堂のサンケアってのはアネッサの被膜感を無くしたような使用感なので、資生堂なら間違いなく使用感だけ見ればサンケアの方がいいです。
クリームタイプは使えったモノでは無かったですが・・・・まるまる残ってて車に放置してます。

そんなアネッサ デイセラムサンケア アーバン トリプル ビューティ サンケア エマルジョンはどんな違いがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

基本的違い

アネッササンケア
取り扱い店どこでもデパートとか
値段3850円5280円
30ml30ml
紫外線カットSPF50+ ・ PA++++SPF50+ ・ PA++++
用途日焼け止め・化粧下地日焼け止め・化粧下地(おまけ)
対象顔・デコルテ用顔・体用
特記事項新技術対応新技術対応

値段は1000円以上違いますね。
あと資生堂の紫外線カットは50mlが多いですが、いずれも30mlと少な目・・・・アネッサのように顔用ならまだしもサンケアを体にも使ったらすぐ無くなりますね。
買う場合もアネッサはどこにでもあります。けどサンケアは専門店(銀座)かデパートしか買えません。ネットでも買えますけどね。

当然ですがサンケアの方が高級になります。

成分的違い

あまり小難しい内容は置いておいて軽く見てください。

<ブランド><ブランド>
アネッサSHISEIDO サンケア
<全成分><全成分>
ジメチコントリシロキサン
酸化亜鉛
酸化亜鉛セバシン酸ジイソプロピル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
エタノールシリカ
セバシン酸ジイソプロピルオクトクリレン
カプリリルメチコンエタノール
BG安息香酸アルキル(C12-15)
オクトクリレンポリシリコーン-15
酸化チタンジメチコン
シリカグリセリン
グリセリンコハク酸ジエチルヘキシル
トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンジピバリン酸PPG-3
パルミチン酸デキストリン酸化チタン
トレハロースPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
イソドデカンパルミチン酸デキストリン
セスキイソステアリン酸ソルビタントレハロース
PEG/PPG-14/7ジメチルエーテルビスブチルジメチコンポリグリセリル-3
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルエチルヘキサン酸セチル
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジントリ酢酸テトラステアリン酸スクロース
PEG/PPG-17/4ジメチルエーテルビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
ポリアクリル酸Naテトラヘキシルデカン酸アスコルビル
グリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸2K
チャエキスチオタウリン
トルメンチラ根エキスオウゴン根エキス
プランクトンエキスシャクヤク根エキス
アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na
イザヨイバラエキスワレモコウエキス
スピルリナプラテンシスエキスチャ葉エキス
水溶性コラーゲンオノニスエキス
PPG-17ウコン根茎エキス
トリイソステアリンシソ葉エキス
ジステアルジモニウムヘクトライトスピルリナプラテンシスエキス
PEG-10ジメチコンPEG-10ジメチコン
イソステアリン酸トリエトキシカプリリルシラン
水酸化Alエチルヘキシルトリアゾン
ステアリン酸BG
トリエトキシカプリリルシランジステアルジモニウムヘクトライト
EDTA-3Na水酸化Al
BHTステアリン酸
トコフェロールEDTA-3Na
ピロ亜硫酸Naトコフェロール
タルクBHT
クエン酸Naピロ亜硫酸Na
クエン酸メントキシプロパンジオール
トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルジメチコンフトモモ葉エキス
ハイドロゲンジメチコンクエン酸Na
フェノキシエタノール安息香酸
香料香料
マイカ合成金雲母
酸化鉄硫酸Ba
合成金雲母

成分はだいたい50個くらいはいってますが

共通する成分はなんと半分

一つでもい違う成分があれば別物ですが、全成分の上から10個くらいまでに結構かぶっている成分があるのでほとんど変わらないとも言えます。

実際2層式とか乳液タイプとか似ている所は多いです。
形態が似ているから処方も似通うにしても・・・・・まぁここまでにしておきます。

結局なにか差があるんでしょうしね!

決定的な差

この手の取扱店が違って価格も微妙に違う製品て必ず質問される事があるんですよね。

「これとこれって何が違うんですか?」

当然ですよねwww私も聞いたりします。

でもこの手の製品って美容部員は大体こういいます。

より高保湿になっております。

エイジングケアが出来ます。

そういう差しか言いようがないのはわかります。すごく分かります。
美白なら決定的な「美白有効成分」がありますが、それ以外のスキンケアにはそれがありません。

そこを踏まえて決定的な差ですが、上の成分表の黄色部分かな?と思います。その他の成分は使用性とか紫外線カット材ですね。

アネッササンケア
チャエキスチオタウリン
トルメンチラ根エキスオウゴン根エキス
プランクトンエキスシャクヤク根エキス
アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na
イザヨイバラエキスワレモコウエキス
スピルリナプラテンシスエキスチャ葉エキス
水溶性コラーゲンオノニスエキス
ウコン根茎エキス
シソ葉エキス

どちらも植物系のエキスが多く入ってますね。サンケアの方がより多く入ってます。
保湿成分というよりは抗酸化作用・抗菌・コラーゲンの産生促進・線維芽細胞の分解抑制的な事が期待できる成分がサンケアは豊富のようです。

アネッサも保湿・抗酸化・コラーゲンと保湿とエイジング意識が見えますが、「量」はサンケアには劣るという美容部員のアルアル表現そのままです。

まとめると

紫外線カットの効果は差はなさそうです。

アネッサもサンケアも保湿・抗酸化・シワケアは出来ます。
ただサンケアの方がより効果は高くて、具体的にはコラーゲンの分解抑制・線維芽細胞の保護・基底膜の修復・抗酸化・抗炎症が優れてます。

抗酸化もアネッサより美容液に採用されている物が入ってますので、コレもエイジングケアには大きく寄与しそうです。
プラス1000円ですが、1000円以上の効果はありますね。
でもスキンケアでそれは出来る事なので、このサンケアの日焼け止めを買おうと思う人のスキンケアってきっとすでにエイジング意識溢れる内容をお使いだと思います。
使用しているスキンケアによってはアネッサでも十分ですね。
でもアネッサの化粧下地としての実力は微妙で、毛穴や皮脂のケアとかはイマイチのようなので化粧下地として使うなら使っているファンデと同じやつでいいんじゃね?ってなります。

スキンケア⇒サンケア⇒下地⇒ファンデ
が最強です。

アネッサも悪くはないですけどね。立ち位置が半端です。

それでも今回の比較はあくまでアネッサですから、アネッサと比べればプラス1000円ですごいなぁと思います。
それが他メーカーのエイジング系日焼け止めと比べるとどうかというと、物によってはエイジングサンケアとして販売されている日焼け止めのエイジングが、ただの抗酸化ってこともあります。そんな日焼け止めと比べれば断然優れているので、製品の比較対象によってはとんでもない高コスパにもなりうる製品かなって思います。

今日は以上です。

ビブダン研究所的 【オススメ美白美容液】
シミ・色むら・肝斑をとにかく何とかしたい方
最後まで見ていただきありがとうございます。 今まで色んな美白製品をみてきましたが、どれも資生堂の後追いで常に先端を行っているのはHAKUという製品です。他にも資生堂から販売されている美白は沢山ありますが、コストパフォーマンスでHAKUを超える物はありません。 現在のHAKUは肌の表面だけでなく「毛細血管」から出るシミの信号も抑えるまでになってます。 他のメーカーは美白製品はチロシナーゼの活性阻害という「予防」レベルで高額な製品を発売してます。 早く・確実に・安全に美白をしたい方はぜひHAKUをためしてみてください。 サイズは様々ありますが45gだと約2か月使えます。 あとは肌を守るケア 同じく資生堂のアネッサのデイセラムから「太陽光をスキンケア」に変える日焼け止めが発売されました。今まではただ防ぐだけでしたが、光そのものを味方にする優れものです。 このアネッサの日焼け止めを使うと肌のヒアルロン酸やコラーゲンも産生していることが確認されたそうです。 この「太陽光をスキンケア」に変える効果はデイセラムだけの処方になります。他の日焼け止めには入ってませんのでご注意ください。 最後にインナーケア。 肌の表面のケアは美容液と日焼け止めでOK。あとは肌の内側からのケアをすることでより実感しやすくなりまs。人によってはインナーケアの方が効果を実感できたという人も多いくらいです。ただし中途半端にビタミンCを摂取するのは時間の無駄です。予防レベルの事しかできないので、資生堂のピュアホワイトはお勧めしません。トラネキサム酸配合のトランシーノが最短です。 第一類医薬品なので治療に当たる効果があります。いままで無駄な時間を過ごしたと思うくらいに効果を実感できますので、ぜひ合わせてお試しください。
スキンケアとネタ日焼け止め
スポンサーリンク
バルサンをフォローする
ビブダン研究所